RINKOシリーズ RINKOシリーズ

RINKOシリーズ

小径プローブDO計
ARO-PR

小径プローブDO計 ARO-PR

高速応答光学式DOセンサーRINKO®技術を応用した小径プローブDO(溶存酸素)計は、その高速応答性能(99%応答 < 7秒)を維持しつつ、検出膜直近に水温センサーを搭載し、DO瓶等に直接挿入するだけで高精度DO測定(国家標準にトレーサブルな特級標準ガスを使用して、検定を行っています。)を実現します。測定は試薬による固定を必要とせず、ガルバニ電極式センサーのように膜上での酸素消費がないため試水の撹拌も要りません。これにより大幅なDO分析時間の短縮を実現します。測定値は表示部に瞬時に出力され、数値をリアルタイムで確認することができます。
本製品は国立研究開発法人海洋研究開発機構との共同研究にて開発した商品です。

ワイパー式メモリーDO計
RINKO W

ワイパー式メモリーDO計 RINKO W

光学式DOセンサーに付着した汚れを清掃するワイパー機構が装備された長期連続観測用のメモリーDO計です。 従来型のガルバニ電極型に比べ、電解液や隔膜の頻繁な交換が不要なうえ、安定型酸素検出膜の採用で校正間隔が長くなりました。

小型メモリーDO計
RINKO I / I D

小型メモリーDO計 RINKO I / I D

miniSDカード記録方式のモデルINFINITYデータロガーシリーズのDO計です。各種測定設定が可能ですので、係留観測の他、現在ご使用中の採水器、CTD等に取り付けて、同時観測が可能です。高速応答DOセンサーにより、これまで時間のかかっていた鉛直プロファイルが、短時間で観測可能となります。深度センサー付モデルもありますので、単独でのプロファイル観測も可能です。

有線式DO計
RINKO II / II D

有線式DO計 RINKO II / II D

デジタル出力式のDO計です。 通信方式は、RS232Cまたは、RS485を採用していますので、他システムへの組込みが容易です。 また、パソコンと外部電源(12V)を用意すれば、直読式のDO計としても御使用可能です。

RINKO III

RINKO III

深海多筒採水器のCTDシステムへの組込みをテーマに開発されたモデルです。DC12Vの電源供給を受け、DO、水温のデータが0~5Vのアナログ信号で出力されますので、CTDシステムの外部入力CHに接続いただくことで、御利用可能です。高速応答により、採水システムの運転に制限を与えることなく、連続した高精度なプロファイルデータが得られます。

高速応答DOセンサー搭載メモリーCTD
RINKO-Profiler

高速応答DOセンサー搭載メモリーCTD RINKO-Profiler

ポイント
①高速応答DOセンサー標準搭載
・観測時間の大幅な短縮
・より詳細なDOの鉛直分布の取得実現
②大容量内蔵メモリーでケーブル不要
③充電型リチウムイオン電池内蔵
④浸漬型コネクターで漏水不安解消(特許)
⑤最小10cmピッチでの鉛直観測が可能(深度トリガーモード)
⑥短期での経時観測可能(タイムトリガーモード)
⑦チタンボディで、腐食の不安解消
⑧空中約2.0kg/水中重量約1.0kgの小型軽量

直読式総合水質計
AAQ-RINKO

直読式総合水質計 AAQ-RINKO

当社総合水質センサーAAQ1183シリーズが高速応答0.4秒の光学式DOセンサー(RINKO®)の完成により、AAQ-RINKOとして生まれ変わりました。DO測定については、これまで遅いセンサー応答速度の為、水中センサー部を一定時間測定水深で保持する必要がありましたが、AAQ-RINKOではCTD観測同様に、0.5m/秒の降下速度で鉛直測定が可能となり、作業時間の大幅な短縮とより詳細な溶存酸素の鉛直分布が取得できるようになりました。 測定項目は、これまでの水温、深度、塩分、クロロフィル、濁度、DO、pHの7項目に加え、光量子、ORPセンサーも同時搭載が可能となりました。 処理ユニットは、観測用途に合わせて3機種を用意しています。