この度「スマート水産業向け小型多方向水温塩分計(特許第7044680号)」が近畿地方発明表彰発明奨励賞を受賞しました。

この賞は技術的に優秀かつ、実施効果の高い技術を文部科学省などの後援のもと、公益社団法人発明協会が表彰するもので、大正10年に始まった歴史ある賞です。

一昨年度の「汚泥濃度計」、昨年度の「有害赤潮の定量的予兆検知方法」に続き、弊社では3年連続の受賞となります。

この特許技術は海洋製品のsmart-ACTに使われています。smart-ACTは水産庁がスマート水産業として推進しているICT/IoT技術による漁業の効率化への転換のために、海中のCTDデータ(C:電気伝導度、T:水温、D:深度)を測定する、安価で小型なセンサーです。

本特許技術により、海水の流れ方向に依存せず海水がセンサー内に流れやすくなる構造を実現したことで、漁具等へ取付けることが出来、操業しながら測定することが可能になりました。
多くの漁業者に使っていただくことで、これまでの漁業者の勘と経験がCTD測定値として“見える化”され、より効率的な操業が可能となりました。

 

【スマートCTD smart-ACT】

https://www.jfe-advantech.co.jp/products/ocean-smart-act.html

(製品ページへリンクします)

各機種の現行ソフトウェアバージョン情報

 

[更新内容]

INFINITY通信処理ソフト Ver.2.03 → Ver.2.04

詳細については下記窓口の営業担当までお問い合わせ下さい。

JFEアドバンテック株式会社 海洋・河川事業部 大阪営業部
TEL:0798-66-1783 E-mail: ocean@jfe-advantech.co.jp

 

JFEアドバンテック株式会社 海洋・河川事業部 東京営業部
TEL:03-5825-5589 E-mail: ocean-tokyo@jfe-advantech.co.jp

海洋・河川事業部のソフトウェアダウンロードサイトが利用できない状況になっておりましたが、復旧作業が完了し、通常通りご利用いただけます。
ご利用のお客さまには、大変ご不便、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

こちらよりご利用下さい。
URL:https://www.jfe-advantech.co.jp/products/ocean-download.html

海洋・河川事業部のソフトウェアダウンロードサイトがクラウドサービスのシステムトラブルにより利用出来ない状況になっております。

クラウドサービス業者からのお知らせでは、現時点では具体的な復旧完了の日時は未定となっております。

ソフトウェア御入用の場合は直接お送り致しますので、各営業担当もしくは下記営業窓口までお問い合わせ願います。


お客様に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

※対象:海洋・河川事業部製品を保有されている方

JFEアドバンテック株式会社 海洋・河川事業部 大阪営業部
TEL:0798-66-1783 E-mail: ocean@jfe-advantech.co.jp

JFEアドバンテック株式会社 海洋・河川事業部 東京営業部
TEL:03-5825-5589 E-mail: ocean-tokyo@jfe-advantech.co.jp


この度弊社では、水産庁の令和4年度補正予算『水産業のスマート化推進支援事業』にて助成対象機械として機械登録をおこないました。

漁業のスマート化推進に是非ご活用ください。

詳しくは以下のリンク先をご参照ください。

【令和4年度補正予算「水産業のスマート化推進支援事業」について】
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kenkyu/smart/R4hosei.html

水産業のスマート化推進支援事業のご紹介チラシ

【助成対象となる弊社の機械】
https://www.mf21.or.jp/pdf/R4/R4C02.pdf

この度「現場海域での有害赤潮の定量的予兆検知方法(特許第7007225号)」が近畿地方発明表彰発明奨励賞を受賞しました。

この賞は技術的に優秀かつ、実施効果の高い技術を文部科学省などの後援のもと、公益社団法人発明協会が表彰するもので、大正10年に始まった歴史ある賞です。

昨年度の水環境事業部(汚泥濃度計特許)に続き、弊社では2年連続の受賞となります。

植物プランクトンの葉緑体が発する光の色がカレニアミキモトイなどの有害なものでは極わずかに異なるという、従来だれも気が付かなかった特性から、有害プランクトンの量を高感度かつ定量的に測定します。
このセンサーにより、赤潮による深刻な漁業被害に至る前に予兆を知り、対策を打てるようになったため、九州、四国、北海道などの漁業現場で広く使われており、海外にも売れ始めています。

【有害プランクトン検出センサー HAI Sensor】

https://www.jfe-advantech.co.jp/products/ocean-haisensor.html

(製品ページへリンクします)