低速回転軸受診断装置
ホーム > MK-560シリーズ

ポータブル低速回転軸受診断器 MK-560シリーズ

1〜150rpmの低速回転軸受の診断に対応。
新開発の独自信号処理により軸受異常時のAE信号を抽出・指標化し、その場で診断結果を表示します。

POINT 1
新開発の診断ロジック。
POINT 2
簡単操作。
POINT 3
測定データを表計算ソフト等で管理、解析することが可能。
POINT 4
ポータブル性に富んでいます。
POINT 5
エスカレーター駆動部に特化した診断機能。
(MK-560ES)

カタログPDFダウンロード

代表的な診断パラメーター(特許登録)

MK-560シリーズは低速回転軸受から発生するAEに対し、増幅・フィルタリング・包絡線検波処理などの信号処理を行い、正常時信号から 逸脱した成分を数値化することで診断を行います。

E_ratio (イーレシオ)

グラフ

軸が一回転する間の『平均的な振幅(@:Ave値)』に対し、設定したイベント検出レベル(A)を超えたAE(イベントAE)の割合を軸受状態の診断指標とします。その割合を測定回転数分で平均した値がパラメーターE_ratioです。

イベント検出レベル

判定閾値を変更して、対象設備・運転状況などにより診断をチューニング!

連続区間判定

軸受異常によるAE事象は持続性がある(B)という特徴から、スパイク的なAE (C)を判定から排除することで突発ノイズの影響を除去!

E_area (イーエリア)

グラフ
損傷軸受の測定結果

グラフ
(参考)正常軸受の測定結果

測定したAE検波信号(@)の振幅頻度分布を求めると、損傷軸受の場合、最頻振幅(A)に対し高振幅側に非対称な分布(B)が現れます。 一方、正常軸受の場合は、ほぼ対称に分布することから、振幅分布の非対称な広がりを数値化し、比較することで診断します。 その数値がパラメーターE_areaです。

仕様

一般仕様

メイン電源 充電池パック(リチウムイオン充電池)
AC電源アダプター(オプション)
連続動作時間 3時間以上(充電池パック使用時、バックライト未使用時)
バッテリー充電時間 約1時間
本体保護構造 防塵・防水防滴構造 IP66 (本体のみ)
使用温度範囲 0〜50℃(90%RH,非結露)
保存温度範囲 -10〜60℃(90%RH,非結露)
外形寸法 97(W)×50(D)×170(H)o
質量 約550g(充電池パック装着時)

※掲載内容は予告なく変更することがございます。詳細については当社担当者へお問い合わせ下さい。

設備診断機器

  • JFEアドバンテック
  • 計測診断事業部 西日本のお客様 Tel:0798-66-1508 Fax:0798-65-7025 東日本のお客様 Tel:03-5825-7362 Fax:03-5825-5591
  • 資料請求フォーム
ページの先頭へ